スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告別茶話会のご報告

みなさま、こんにちは。

お元気でお過ごしでしょうか。

昨年11月9日に妻濱屋方子が亡くなりましてから、早2ヶ月余りが過ぎました。

12月16日には周囲のお力添えを頂き、無事に告別茶話会を終えることができました。

本当にありがとうございました。

訃報掲載後、当ブログにお悔やみのコメントを寄せて下さった方々に、

もっと早い時期に会の様子などをお知らせすべきところでしたが、

諸般事情により、報告が逸機いたしましたことを、深くお詫び申し上げます。


 告別茶話会は14時開会でしたが、南京大学卒業生、私の家の近くに住む中国人一家、

日本語ボランティアの面々、濱屋、和田家親族など10名ほどが12時頃から

準備に掛かり、祭壇や机の配置、写真パネルを貼り出すホワイトボードの

設置、給湯、茶菓の準備などに精を出して頂いた結果、参加者記名簿で

101人もの皆さんが次々、着席されました。遙々、南京からその日来られた

卒業生も居られました。
20170122001048a79.jpg

 「式次第」として、病気の経過、参加者皆様のお言葉、邱若山・静宜大学

教授の弔辞、お礼の言葉 を貼り出しておきました。

 

 病気の経過では、私が手術担当医から受け取った具体的な経過説明の

要点を簡単にお話したあと、南京大学の教え子(女性)のご主人で総合

病院のレントゲン科医師の方が更に詳しく説明されました。

 祭壇の当主、方子さんへの思い出話は、次々、10数名の方々が

いろいろお話しくださり、感銘を受けました。このように沢山の方々が

彼女の人生に関わって下さったのだと、感謝に堪えませんでした。

 散会の時刻に成り、祭壇に飾られた10基ほどの花飾りポットから

1,2輪づつお持ち帰り頂いたほか、受付に用意した、ハガキ大の当主

ポートレイト写真をご希望者にお渡ししました。主催者として、こんなに

盛大なお別れ会が出来るとは予想外でした。

20170122000510d4f.jpg

今日足をお運び頂けなかった皆様も含めて、ご縁の有った方々に深くお礼申し上げます。

どうぞ何時までもお元気でご活躍下さい。

20170121235117621.jpg


濱屋 龍馬
スポンサーサイト

横浜市にて告別茶話会を行います。【再掲】

※逝去の日付に誤りがありましたので、訂正して再掲いたします。

20161122230706dde.png

20161122230707051.png

台中市で葬儀並びに告別式を行います。

2016111912502264d.png


201611191248031fc.png

訃報

濱屋方子におきましては病気療養中のところ、平成28年11月9日午前8時23分に
台湾台中市内の病院にて逝去いたしました。享年73歳。
生前故人とご縁のあった方々に謹んでご報告申し上げます。

なお、11月15日にすでに台中市内で火葬を済ませており、
故人の夫が遺骨と共に帰国後、横浜にて12月17日もしくは18日のいずれかで
お別れ会を開催する予定です。

今日になってブログの編集が出来るようになり、
また台中と日本との間で情報が錯綜し、当ブログ「濱屋方子の台湾日記」をお読み頂いていた方々へのご報告が遅くなりました。

また、コメントをお寄せ頂いた方々お一人お一人にお返事が出来ず申し訳ありません。

ひとまず、ご報告まで。

孫姪 濱屋詩子























緊急入院しました

すみません。血尿が出て緊急入院したため、しばらくアップロードができません。
失礼いたします。
アクセスカウンター
プロフィール

濱屋方子

Author:濱屋方子
FC2ブログへようこそ!

濱屋方子の書籍紹介
日本語における「挨拶」の諸相
   日本語における
  「挨拶」の諸相
副詞・摘み草
   副詞・摘み草
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。