スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の「鬼月」と日本の「お盆」

 台湾では、農暦7月は「鬼月」と呼ばれ、冥界の門が開き、亡くなった人達の霊がこの世に戻ってくる月です。中国語の「鬼(クィ)」は、亡くなった人の霊、特に成仏できなくてこの世を彷徨う(さまよう)幽霊のような存在です。ですので、学生達が大好きで、文化祭の催し物としても人気のある「鬼屋」は、「お化け屋敷」というより、この世に怨みを残していて、死んでも死にきれない「幽霊屋敷」のようなものです。

20160802-1.jpg

 今年の台湾の「鬼月」は、8月3日から8月31日までです。「鬼月」には色々なタブーがあります。鬼に引きずり込まれるかもしれないから水辺に近づいてはいけない、ですとか、夜に洗濯物を干すと、それに鬼が憑依するかもしれないから、夜には洗濯物を干してはいけない、夜にはなるべく外出をしないように、またやむを得ず外出した場合、誰かに呼びかけられても振り返ってはいけない、「鬼」と言うと、自分が呼ばれたと思って鬼が近づいてくるから、「鬼」と言わず「好兄弟」と言うように、等々のタブーです。

 農暦7月15日は「中元普渡(遍く済度する・救う)」で鬼達のために食べ物をお供えする、大きなお祭りがあるようですが、残念ながら、私はこの頃帰国していて、この行事を見たことがありません。

 他方日本では、7月15日は「お盆(盂蘭盆会)」で、帰って見えたご先祖を祀る日です。13日が迎え盆で、伝統的には、この日提灯を持って墓参りをし、ご先祖を迎えます。

20160802-2.jpg

 家の前には、迎え火を炊きます。また、仏壇の近くに、お盆提灯を飾ります。

20160802-3.jpg

 新盆のお家にお盆提灯を送る、という風習もあるようですが、私には経験がありません。

20160802-4.jpg

 日本は、月暦ではなく太陽暦で全ての年中行事を行いますので、お盆も西洋暦の7月15日になりました。けれども、8月15日とする地方も多く、7月15日が過ぎた今も、お盆提灯や、お盆のお供えやお飾りを売っています。
 お供えの花には菊が多いです。菊には「お供えの花」というイメージがあります。

20160802-5.jpg

 「ほおずき」も、お盆に付きものです。

20160802-6.jpg

 造花も売っていますが、「エコ仏花」って何?プラスチックで作った花をお盆の終わりに捨ててしまうのなら、エコ(地球に優しい)でも何でもありませんよね。まさか、「何年もこの造花をお使いなさい」という意味ではありませんよね?

20160802-7.jpg

 お盆のお供え菓子は、落雁です。仏様のお供えは美味しい物や珍しい物でしたので、子供の頃「お下がり」をいただくのは嬉しい事でしたが、お盆菓子ばかりは、粉っぽいばかりで美味しくなく、嬉しいとは言えませんでした。

20160802-8.jpg

 果物や野菜や花を盛り合わせたお供えもあります。

20160802-9.jpg


 お盆と言えば、自ずと想いは亡くなった人の上に行くのですが、今年の夏は、大学時代の1年後輩、高校時代の恩師、高校時代の同級生と、立て続けに訃報が入りました。いつの間にか、「あちら側」の方に、両親始め、先生方や友人が増えてしまいました。私は、基本的には、「死ねば全て終わり」と思っていますけど、時に、「あちら側」にいる人々を慕わしく思い、「死ぬのも悪くないな」と思うこともあります。


 いつもご訪問いただき、ありがとうございます。明日3日から6日まで、休筆いたします。皆さまどうぞご機嫌よう、よい夏をお過ごしくださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

濱屋方子

Author:濱屋方子
FC2ブログへようこそ!

濱屋方子の書籍紹介
日本語における「挨拶」の諸相
   日本語における
  「挨拶」の諸相
副詞・摘み草
   副詞・摘み草
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。