スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二期目の稲

 ご存じのように、台湾の稲作は二期作で、屏東などの南部では三期作の地域もあるそうです。23日に台北に行くバスの窓からも見えましたが、今は2期作目の稲が穂を出し、遠目に穂が出ている、と判る程度に色づいていました。
 28日に、白百合女子大学の実習生の歓迎会をした沙鹿のレストランの近くに、なぜか一枚だけ稲田がありまして、この田んぼも稲が穂を出して、少し実ったところでした。

20160930-1.jpg

 二期作目の稲は、わざわざ田植えをせずに、一期作の稲刈りをした後の「ひこばえ」を利用して育てる、と前々から聞いてはいましたが、私は実際に見たことがありませんでした。けれども、この日、ラッキーなことに、ひこばえから成長して穂を出している稲を見ることができました。

20160930-2.jpg

 台中では、最初の稲は七月の上旬、遅くても十日過ぎくらいには刈ります。その後、放っておくと、このように、切り株からひこばえが育つわけです。一期目の稲から精米したお米よりも、二期目のお米は味が落ちます。若い友人、エミリーさんのお父さんは長く農業をしていらした方なので、一期目の品質のよくない米から炊いたご飯と、二期目の米から炊いたご飯の味が識別ができる、とおっしゃいました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

梅姫台風大変でしたね。台中でも停電があったのですね。
ちょうど、朝8時半に私たちは台中から嘉義の南院が
午前中だけ開くというので、風が強くなる中、観覧し翠玉白菜を
貸し切り状態で見て、高速で台北に向かい、バスの横転の
一時間ほど前に、台北につきました。ホテルではレストランも休み、スタバも休み、コンビニも品切れだとのはなしで、ホテルのフロントで
カップ麺。パン、ジュース等を売っていたのを部屋で食べました。
幸いホテルでは大丈夫でしたが、停電、断水も各地であったようで、
飛行機が飛ばないので足止めの人もいたり、大変でした、

28日も企業、学校、地下鉄、忠烈祠、龍山寺までお休み、ツアーの人は大変でした。この後始末が大変でしょうがタフで明るい台湾のパワーで切り抜けられると思っています。先生もご自愛ください。いつも拝見して、台湾の日々を体験しているようです。

Re: No title

いちひめ様
コメントありがとうございました。もう台湾にいらしたのですね。さんざんのご旅行だったようですが、南院がご覧になれたのはよかったです。私は未だ行っていません。
それにつけても、台風でホテルのレストランが休みとは!日本だったら、コックさん方は、前日から泊まり込んででも開業しますよね。…お国柄の違いですけど。ちなみに病院の外来もお休みでした。
無事、お帰りになれてよかったです。
いつも、お読みくださr、ありがとうございます。
アクセスカウンター
プロフィール

濱屋方子

Author:濱屋方子
FC2ブログへようこそ!

濱屋方子の書籍紹介
日本語における「挨拶」の諸相
   日本語における
  「挨拶」の諸相
副詞・摘み草
   副詞・摘み草
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。