スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「欒樹茶会」

 9月29日木曜日、学生活動の時間に、図書館の地下1階雑誌フロアで、「欒樹茶会」が行われました。

20161001-1.jpg
 
 「欒樹茶会」とは、「台湾欒樹」にちなんだお茶会の名前です。図書館の脇に、見事な台湾欒樹が3本、聳えているのです。

20161001-2.jpg

 けれどもこの日は、台風通過後で雨模様でしたので、屋内でお茶会が行われたのでした。
学生や教職員がたくさん集まって、盛況でした。

20161001-3.jpg

 主催者の方が、ドラをカーンと一度鳴らして、お茶会が始まりました。

20161001-4(2).jpg

 折しも白百合女子大学から来ていた教育実習生達も参加して、「台湾茶藝」の経験をすることができましたので、とてもよかったです。

20161001-4.jpg

 学科主任の李偉煌先生が、通訳をして下さいました。お隣は白百合女子大学の学生達を引率していらした常磐先生です。とてもお優しい先生で、私が静宜大学に務めるようになってから、何度かお会いしましたが、今年がお会いする最後と思うと、寂しいです。

20161001-5.jpg

 台湾の「茶藝」では、上の写真のように、茶碗を温めた後、先ず「茶海」という器にお茶をいれ、それを銘々の茶碗に移してから、お茶席にいる客に配ります。下は「茶海」です。

20161001-6.jpg

 ここは、日本の煎茶道と違うところで、日本では回し注ぎで濃さを調節します。けれども台湾茶道では、「茶海」にいれることによって、全ての茶碗のお茶が均等の濃さになるわけです。

 客に配られたお茶です。筒状の茶碗で香りを聞き、浅い茶碗のお茶を実際にいただきます。農薬を使うお茶では、その農薬を流すために、一煎目はサッとお湯を入れて流し、香りだけを聞きます。けれども、こちらのグループでは、有機農法で育てるお茶だけを使う、とのことで、一煎目から、香りを聞き、かつ味わうのです。

20161001-7.jpg

 この時のお茶のいただき方ですが、右手で指を揃えて茶碗を持ち、小指を軽く糸じりに掛けます。そして手首を少し回し、8時の方向でお茶をいただきます。昔は、飲む口許を人に見せないために、左手で右手を覆ったそうですが、今は覆う必要はない、との事でした。無論、覆ってもいいそうです。
 この仕草も、左手にお茶碗を載せ、右手で支えて飲む日本の煎茶や抹茶のいただき方とは異なりますが、これはこれで、ちょっとエキゾチックな雰囲気で、楽しめます。

 一煎目と二煎目との間に、お菓子が運ばれます。お煎茶はうろ覚えですが、お抹茶は、先ずお菓子をいただいてから、お茶をいただきます。私はお茶とお菓子を交互にいただくのが好きですから、台湾のように小ぶりのお菓子が三つ出て、一煎目の後に一つ、二煎目の後にもう一つ、…という風に随意に食べられるのが好きです。無論懐紙に包んで、持ち帰ってもいいです。
 今回は、仙草を固めに練ったグミのようなゼリー、リンゴの焼き菓子と、バラの柔らかめのゼリーでした。味はどれも淡い甘さです。
 
20161001-8.jpg

 日本の煎茶道は、二煎目までですが、台湾の「茶藝」は、よく出ますから、三煎目までいただきます。一煎目は香りと甘味、二煎目は苦みと深み、三煎目は、お菓子をいた後の口をさっぱりさせるとか、そんな感じだと、私は理解しました。

 私達のテーブルで台湾茶藝のお点前を披露して下さったのは、童雯淇さんです。一緒に写真を撮らせていただきました。

20161001-9.jpg

 実は私は、日本の茶道とは本当に相性が悪くて、大学4年生の時、同志社・国語国文学専攻の大学院生だったとき、義守大学に就職が決まった時、と、3度も茶道の先生の門を敲きましたが、3度とも落ちこぼれてしまいました。手順が面倒くさいと思いましたし、私自身の仕草は決して美しくないと自覚していましたし、美味しいお茶も点てられなかったからです。
 でも、童さんは、とても楽しそうにお茶をいれていました。「童さんにとって、茶藝の一番の楽しみは何ですか?」と聞いてみたかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

濱屋方子

Author:濱屋方子
FC2ブログへようこそ!

濱屋方子の書籍紹介
日本語における「挨拶」の諸相
   日本語における
  「挨拶」の諸相
副詞・摘み草
   副詞・摘み草
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。