スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「我在妳的身辺」

 昨日は、例えば私のような転移癌に罹ってしまった人に対する、台湾人と日本人との言葉のかけ方の違いについて書きました。一言で言えば、多くの台湾人は、「医者に見離されたような癌患者の中にも奇跡的に治った人はいるのだから、あなたも希望を持って頑張って」と言って励まします。
 しかし、無論全員がそういう励まし方をするわけではありません。

 私の好い友人の一人は、9月に会ったとき、私が、「ドクターに言われた最後のいい時間の半年で、教師としての仕事を仕上げるために台湾に帰ってきた」と言ったら、「あなたが羨ましいなあ~」と、言いました。

20161023-1.jpg

 友人のお母さんは30年ほど前に、やはり癌で亡くなったのだそうです。けれども、30年ほど前のことですから、医者は家族には病人が癌だということを告げても、本人には告げなかったのだそうです。癌だと知ると落ち込んでしまい、憂鬱症になって寿命を縮めるケースが多いから、というのがその理由でした。日本でも30年前なら、患者に癌の告知はしなかったように思います。
 それで、お母さんには癌だということをひた隠しに隠し、「今は辛い時期だけど、きっと治るから」と偽りの希望を持たせながら、辛い治療も受けてもらって、けれども、お母さんは結局ご存じないまま衰弱を重ね、病名を知ないで亡くなってしまわれた、というのです。

 そして、「母も、あなたのように、残されたいい時間は、後これくらい…、と解っていたら、したいこともあったかもしれない。そう思うと、病気の本当のことを教えなかったことが後悔されてならないし、本当の事を知って、どうするか自分で決めたあなたが羨ましい…」と言うのでした。

20161023-2.jpg

 この友人は、Face Book のメッセージに、
「我在妳的身辺,有什麼事情,或身邊不適要說~(あなたのすぐ側にいるわよ、何かあったり、体に辛いことがあったりしたら、言ってね)」と書き、楽しいイラストなども添えて、私を励ましてくれます。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

濱屋方子

Author:濱屋方子
FC2ブログへようこそ!

濱屋方子の書籍紹介
日本語における「挨拶」の諸相
   日本語における
  「挨拶」の諸相
副詞・摘み草
   副詞・摘み草
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。