スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただいたお見舞いから

 この病気になって、友人や甥からいろいろとお見舞いの言葉をもらい、とてもありがたく思っております。その中から、少し皆さまにも紹介させて下さい。

 先ず、高校の同級生からの励ましです。

 メールをくれた日に、思い立って千葉県の「日本寺」に家族と行って来ました。ここのご本尊が巨大な磨崖仏の「薬師瑠璃光如来」でした。左手にきちんと薬壺を持っていることを見てください。

20161026-1.jpg

 薬師さんもあなたの快癒を願ってくれると信じます。  
くじけずにがんばってください。加油、加油!

 中学時代の同級生は、書道、ウクレレ、料理、登山と趣味の多い人ですが、先日、尾瀬笠が岳に登山したら、3~4年に一度しか咲かない「コバイケイソウ(小梅蕙草)」の花に出会ったので写真を撮ったと言って、送ってくれました。

20161026-2.jpg

コバイケイソウの花言葉は、「遠くから見守っています」だそうです。

20161026-3.jpg

ニクイネ!

 さて、甥からの見舞いもありました。甥と言いましても、5歳しか年が違いません。私が73歳ですから、甥は今年、68歳のはずです。この甥が、65歳を過ぎた頃から、しばしば「終活(人生最終の、死に向かう活動)」を口にするようになりました。その一環として、近所のお寺で参禅したり、写経をしたりもしているのだそうです。
 甥は、私が台湾に帰るすぐ前に、「親の老いや病気を見るのとはこちらの心境もかなり違いますね。自分が並んでいる列の先が見えたようで、さすがにショックでした」という手紙をくれ、「今朝の写経は方ちゃんバージョンで書いてみました」と、般若心経の写経を同封してくれました。
 写経は今、台湾の部屋の、帰るとちょうど見えるところに貼ってあります。
 
20161026-4.jpg

 手紙は、「いろいろな意味で、これからの方ちゃんの人生を大いに注目しています」と結ばれていました。。

 だいたい、自分しか見ない日記は3月と続かないのに、読んで下さる方がいらっしゃるブログはもう4年も続いている、というふうに、注目してくれている人がいるのは、私の生き方の励みになります。「あんな風な死に方も悪くないね」と、思ってもらえるように、残りの日々を頑張りますよ! 


 皆さま、いつもご訪問下さり、ありがとうございます。明日、27日から30日まで、所用により、ブログは休筆いたします。皆さまどうぞ、ごきげんよろしゅう、お過ごし下さいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして。濱屋老師のいちファンです。

非公開希望のO様、ブログをお読み下さり、ご丁重なコメントをいただきまして、ありがとうございます。
私のブログが台湾への理解の為の一助となりましたのなら、この上なく、嬉しい事です。私自身は、日本語を教える仕事は、もうすぐ終わらなければならないのですが、O様のような、熱心なお方が引き継いでくださるのでしたら、安んじて幕を下ろすことができます。
ご活躍をお祈り申しております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

非公開希望のS様
お心の籠もったコメントありがとうございました。
私はこの仕事を終えることができれば、仕事も人生もハッピーエンディングですので、ご心配なくね。
間違いは怖がらずに、ドンドン使ってください。間違いながら上達するのですよ!
ご活躍を祈ります。コメント本当にありがとうございました。
アクセスカウンター
プロフィール

濱屋方子

Author:濱屋方子
FC2ブログへようこそ!

濱屋方子の書籍紹介
日本語における「挨拶」の諸相
   日本語における
  「挨拶」の諸相
副詞・摘み草
   副詞・摘み草
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。